問題解決事例

当探偵事務所での解決事例をご紹介いたします。

不倫調査事例”廚良盖ぁK弁護士からの紹介案件)

依頼者:50歳代主婦(妻)
対象者:50歳代会社経営者(夫)
調査期間:2週間
調査費用:420,000-
依頼者は、若い頃から夫の浮気に悩まされてきました。
子供達が成長し手が掛からなくなったことを機に離婚を決意し、K弁護士に相談しました。
夫の浮気は、状況から疑う余地はないのですが、決定的な証拠収集と浮気相手の特定を目的に調査に着手しました。
対象者が会社経営者ということもあり、時間に縛られる事はなく、不倫は勤務時間内に行われていました。特定の女性とラブホテルに出入りする様子を複数回捉えたうえで、浮気相手女性の素性(氏名、住所、勤務先、家族構成等)を調べ挙げました。
対象者の浮気の決定的な証拠と不倫相手女性の素性を報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。

ページの上部へ戻る

不倫調査事案夫の浮気(A心理カウンセラーからの紹介案件)

依頼者:30歳代主婦(妻)
対象者:30歳代会社員(夫)
調査期間:1ヶ月
調査費用:630,000-
単身赴任の対象者から、突然依頼者に離婚を要求する手紙が届きました。この手紙に戸惑った依頼者が、A心理カウンセラーに相談しました。
対象者の離婚要求の真相を明らかにするため調査に着手しました。
対象者は、仕事が終わるとコンビニに立ち寄った後産科医院に通い、1〜2時間滞在して帰宅する毎日を繰り返していました。
調査に着手して2週間ほど、このような状況が続きました。
その後、対象者と明らかに妊婦と判る女性がラブホテルに宿泊、外食や買い物する様子を捉え、不倫の証拠を揃え、その女性の素性(氏名、住所、勤務先等)を調べました。
対象者は、勤務先の同僚と不倫関係になり、不倫相手の妊娠を機に不倫相手と新しい家庭を築こうとしていました。
対象者の不倫の証拠と不倫相手女性の素性を報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。
その後、弁護士を交えて問題解決を図りました。

ページの上部へ戻る

不倫調査事案妻の浮気(ホームページからのご相談)

依頼者:40歳代会社員(夫)
対象者:40歳代パートタイマー(妻)
調査期間:2週間
調査費用:420.000-
1年ほど前からパートで働き始めた対象者が、半年ほど前から夫婦生活を拒む様になり、数ヶ月前には離婚調停を申し立て、離婚と共に慰謝料と財産分与を要求してきました。
依頼者は、離婚申し立ての事由に納得ができず、また、対象者の不審な行動や言動から、離婚要求の真相が他にあるのではないかと相談を受けました。
対象者の離婚要求の真相を明らかにするため調査に着手しました。
対象者は、週に3〜4回夕食後に密かに家を抜け出し、自宅近くまで迎えにきた不倫相手の車に乗り込み、人気のない場所で1〜2時間過ごしていました。ある時は不倫相手の車内で性交渉にも及んでいました。
不倫相手と休日が重なった時には、不倫相手の自宅で過ごしたり、外泊する様子を捉えたうえで、不倫相手男性の素性を調べました。
不倫相手男性は、対象者のパート先の上司で、離婚したばかりでした。
夜な夜な不倫相手と接触している様子や不倫相手宅に外泊する様子など、不倫の証拠と不倫相手男性の素性を報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。

ページの上部へ戻る

不倫調査事案ず覆良盖ぁT弁護士紹介案件)

依頼者:40歳代会社員(夫)
対象者:40歳代契約社員(妻)
調査期間:1ヶ月
調査費用:630,000-
対象者が、半年ほど前から、会社の飲み会や友達と飲み会などと理由を付けて頻繁に外出するようになり、外泊するようにもなりました。
また、対象者から時期をみて離婚して欲しいと言われ困惑した依頼者がT弁護士に相談しました。
対象者の行動や離婚要求の原因を明らかにするため調査に着手しました。
対象者が、不倫相手男性のマンションに、合鍵を使って自由に出入りする様子、不倫相手男性の車で買い物や食事に出掛ける様子、不倫相手男性宅に外泊する様子などを捉え、並行して不倫相手男性の素性を調べました。
不倫の証拠と不倫相手男性の素性を報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。

ページの上部へ戻る

不倫調査事案ド廚良盖ぁ淵曄璽爛據璽犬らのご相談)

依頼者:30歳代主婦(妻)
対象者:30歳代会社経営者(夫)
調査期間:1日
調査費用:84,000-
対象者の行動や言動から、不倫を確信した依頼者からの相談を受けました。
不倫の証拠と不倫相手女性の特定を目的に調査に着手しました。
依頼者と連携しながら、対象者が動くのを待つ事にしました。
対象者と不倫相手女性はコンビニの駐車場で待ち合わせ、対象者の車でラブホテルに直行しました。
ラブホテルから出て対象者と不倫相手女性が別れた後、不倫相手女性を尾行を行いました。
対象者と不倫相手女性がラブホテルに出入りする様子と、不倫相手女性の自宅、それに付随する情報を報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。
後に、依頼者と不倫相手女性の話し合いに立会い、対象者に知られることなく別れさせることに成功しました。

ページの上部へ戻る

不倫調査事案ι廚良盖ぁS弁護士紹介事案)

依頼者:30歳代主婦(妻)
対象者:40歳代会社経営者(夫)
調査期間:1週間
調査費用:315,000-
依頼者が、対象者のDV(精神的)と浮気に悩み、S弁護士に相談しました。
口論になる度に精神的に追い詰められ、依頼者が家を飛び出せば自宅に女性を連れ込む対象者。
依頼者、S弁護士と3者協議した結果、既にDVの証拠は揃っていたことから、依頼者が実家に戻り対象者の不倫の証拠収集に着手しました。
調査着手して数日、夕方になると40歳代女性が対象者を訪ねるようになりました。
カーテンの閉まっていない窓からは、対象者と不倫相手女性が抱き合ったりキスする様子がはっきりと判りました。
不倫相手女性の素性を調べ、不倫の証拠と共に報告書に纏め、依頼者に報告して調査を終了しました。

ページの上部へ戻る